So-net無料ブログ作成
--松戸流山塾-- ブログトップ
前の5件 | -

カラダ、ウゴカス! [--松戸流山塾--]

皆様、こんにちは。

スポーツは体を動かす。
当たり前ですが、体を思い通りに動かせないと上手くいきません。
足と手、上半身と下半身が思うように動かせて連動できるかどうか。
サッカーは、足だけ動かせてもうまくいかない。腕や上半身、関節も動かせないといけない。
昨日は、体を動かすをトレーニングをしました。
後ろに足を運ぶ、横向きで足を運ぶ(足を前にクロスし進むと足を後ろにクロスし進む)、前に足を大股で進むなど。
普段、行っていないような動きを行い体に刺激を与えました。(関節の可動域を広げる)
簡単なようで、楽しいようで、結構難しい。
体を動かすって、たのしいなぁ!

体を動かせるようになったら、クローズドスキル。

そのあとは、対人練習。複数の任数で複数のゴール。
体を動かし、見て、考えて、ゴールを狙う!
対人では、頭も使う。(見て考えて)
とにかく、やり続けるとヘトヘトになるメニュー。

こんな、練習を行っている選手は幸せ者。
個人の能力を上げる、引き出す。これがドリ塾松戸流山校。
後は、行ったトレーニングを自主練習でも行うとライバルとの差が、グググーーーンと。

後は、選手次第。
頑張っていこう!
matsudo2019100402.jpg
matsudo2019100401.jpg

ドリ塾松戸流山校、体験練習募集中!
ドリ塾松戸流山 スタッフ一同

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

勝負へのこだわりとターン [--松戸流山塾--]

皆様、こんにちは。
7月11日(木)のドリ塾松戸流山校の様子をお伝えします。
雨の中のトレーニングとなり、ボールが雨で滑ってしまうコンディションではありますが、サッカー選手である以上は「雨だからできない」は通用しません!天候に左右されない技術を身につけることがほかの選手との違いを生むポイントでもあります。
DSC_1478.JPG
DSC_1476.JPG
「身体を運ぶ」
インサイド、アウトサイド、クライフ、ルーレットなど多くのターンを練習していく中で大切なポイントの1つが身体を運ぶことになります。足だけでターンしてしまうと足だけが伸びきった状態になり、スムーズに回れなくなってしまいます。さらにターンしたあとの動作の向きやプレー方向も変わってきてしまいます。
DSC_1486.JPG
「勝負にこだわる」
黙々とコーンドリブルやテクニック練習することも大切です。ですが対人練習になってもそれでいいのでしょうか。試合であればもちろん、ディフェンスもオフェンスも負けられない局面であるのが1対1。
交互に攻守を変えていく中で「オフェンスだけ頑張る」だけではお互いの質は変わりません。
DFをするときも高いレベルでプレーする意識を持つだけでオフェンスの選手は簡単には勝つことができなくなります。そこで初めてオフェンス側が工夫してプレーする環境が出来上がるのです。
DSC_1488.JPG
ドリ塾スタッフ 一同

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

次の足 [--松戸流山塾--]

7/4
皆様、こんにちはJSCCHIBAの片岡です。
本日は、ドリ塾/松戸流山校のトレーニングです。
1562283880120.jpg
切り返しやターンをしたとき、次の足がすぐに出せるかが大切です。
切り返した後、ボールと体が離れてしまっては相手に奪われてしまう可能性があります。
そこで、切り返しをした後に次の足が出せれば相手に触られる前に自分でボールをコントロール出来ます。
すぐに次の足が出せる選手は、相手を1人かわした後、2人目の相手が来ても対処しやすくなります。
切り返しやターンの後の次の足を意識してみましょう。
1562283881817.jpg
トレーニング時間
17:00~18:00 1,2,3年
18:00~19:30 4,5,6年
ドリ塾事務局
片岡

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

相手を動かす [--松戸流山塾--]

皆様、こんにちは。
6月20日の松戸流山スクールの様子をお伝えします。
夕方からのトレーニングですが、少し動くだけで汗をかくほど暑い!
こまめに水分補給をして、体調管理も心がけます。
DSC_1158.JPG
今回フォーカスするテーマは「相手を動かす」ということです。
まずは2人組でコーンの間しか動くことのできないディフェンスとボールを持ったオフェンスに分かれます。
オフェンスは上手くディフェンスを動かして間をドリブル突破することが目的となります。
ではどうすればディフェンスを動かすことができるでしょうか?
「大きく!大胆に!」
いくら細かく、速くボールを動かせていてもそれが自分の肩幅ぐらいの幅でしか動かせていないのであれば、ディフェンスはあまり脅威を感じません。
フェイントにしてもボールを動かす幅にしても大きく大胆にすることで初めて相手を動かすことができるのです。
DSC_1164.JPG
ドリ塾 スタッフ一同

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

チャレンジ [--松戸流山塾--]

5/30
皆様、こんにちはJSCCHIBAの片岡です。
本日は、ドリ塾/松戸流山校のトレーニングです。
DSC_0660.JPG
フェイント等を身に付ける為には、沢山練習する事とチャレンジする事が大切です。
苦手だと諦めてしまうと、そこで成長するチャンスを逃してしまいます。
失敗しても何度もチャレンジする事で改善しながら上達していけます。
DSC_0658.JPG
何事にもチャレンジして沢山の技術を身につけましょう。
DSC_0657.JPG
トレーニング時間
17:00~18:00 1,2,3年
18:00~19:30 4,5,6年
ドリ塾事務局
片岡

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の5件 | - --松戸流山塾-- ブログトップ